冬の手荒れを防ぐ方法とは?水仕事や乾燥に負けない意外な対策について調査!

手を洗う 生活
スポンサードリンク

冬の季節って特に手が荒れませんか?

乾燥してひび割れなんかしてると、ヒリヒリしてすごく痛い。

 

料理や水仕事をしているとハンドクリームを塗ることができず

どんどん悪化してしまったり・・。

 

 

毎冬になると、手荒れに困った私が

色々試してみた結果、手荒れがラクになりました。

 

手荒れで困っている女性に

少しでも早く改善するための方法について

私が試したものをご紹介しています。

 

冬の手荒れを防ぐ方法とは?

キレイな手

 

手を洗った後に水分をしっかりと拭き取る

・・・これだけ?と思いますよね。

 

しかし、これが一番大事で効果もテキメンなのです

 

荒れてしまった手にハンドクリームをつける前に

手についた水分をしっかりと拭き取る

これをやってみてください。

 

手荒れがひどくなる原因とはなに?

手が荒れてしまう大きな原因の一つが

手が乾燥してしまうことです。

 

 

冬は湿度も低く、空気も乾燥しているのもありますが

原因はそれだけではありません。

 

水仕事をしていると手荒れってひどくなりませんか?

 

その原因は、手に付いた水滴などの水分をしっかり拭き取らないで

そのままにしておくことにより水分と一緒に手の水分が一緒に蒸発してしまうのです。

 

 

特に寒い日なんて冷たい水ではなく

お湯を使いたくなると思います。

 

 

お湯を使うと特に手荒れはひどくなります。

 

 

なぜかというと

水分が蒸発してしまうのに加えて

お湯を使う事で手の表面の皮脂成分を取り去ってしまうのです。

 

 

冬は乾燥するから手荒れがするのだと思い込んでいたので

とにかくハンドクリームで潤いを補わなければ!

 

と必死にハンドクリームを塗っていたのです。

 

たしかにハンドクリームを塗るのですが冬の時期は常に手荒れをしていました。

 

水仕事をする時というのは常に手が水でぬれていたり

調理中もしっかりと手を拭かずに

そのまま作業を続けることが多かったです。

 

食器を洗ったり調理の最中に水を使った後は念入りに手をタオルで拭く事にしました。

 

 

料理中はハンドクリームをつけたりせず

タオルで拭くことを特に意識しました。

 

そして料理が終わったらワセリンを少量つけます。

これがお気に入りで常に我が家にあります^^

よく伸びるのでほんの少しで充分。

 

 

料理の時だけじゃなく、水を使う場面では常に手の水分をふき取ります。

 

 

トイレにいった後に手を洗う時も、きちんと拭き取ります。

 

 

よく送風で手を乾かすハンドドライヤーと使うのもやめました。

 

そうすると、私は2~3日で手のガサガサ感が少し良くなってきました。

 

思っていたよりも効果は早く出てきたように思えます。

 

 

 

手を拭くのにおススメのタオルはあるかというと、特に硬いゴワゴワしたものでなければ問題ないと思います。

ただあまり硬いと、肌を傷つける事があるので普通のタオルで大丈夫です。

 

急いで適当に拭いてしまうと、結構拭き残しがあり水分が手についています。

手の甲、掌だけじゃなく指の股もしっかり拭いてください。

 

最初は私も料理中などは急いだりするので

手をしっかり拭く事を面倒だと思ってしまいましたが

 

 

しかし、このひと手間を意識したおかげで

私は手荒れがずいぶん良くなったようです。

 

ひとつ、困ったのが手をしっかり拭いていると

ぬれたタオルがたくさんになること。

 

でも今まで冬に手が荒れて辛かったことを考えれば小さな小さなデメリットだと思います。

スポンサードリンク

 

 

まとめ

 

冬の手荒れ対策には水仕事の後に手に付いた水分をしっかり拭く事が重要です

ぜひ、お試しください!

 

ここまで読んで下さいましてありがとうございました

スポンサードリンク

コメント