【転居届】郵便物の住所変更のやり方!いつまでに提出するかとネットで受付できるのか

転居届 引越し
スポンサードリンク

引越しなどで電気・水道などの手続きはすぐに

思いつきますけど

 

郵便物の住所変更の手続きって

忘れがちじゃありませんか?

 

クレジットカードや取引のあるお店に

住所の変更は自分でしなきゃいけませんが

 

全部の変更手続きをするのって

大変です。

 

そこで便利なのが

転居届

 

この手続きをするだけで

旧住所に届けられる郵便物が

 

新しい住所に転送されてきます。

 

それではこの『転居届』の出し方や

いつまでに出せばいいのか?

ネットでも受け付けているのかについてなど

 

気になるところを詳しく調べてみます。

 

転居届の出し方について

鉛筆や蛍光ペン、赤ペンではなく必ず黒のボールペンで記入します。

 

1.提出年月日・・・ハガキを提出した(又は投函した)年月日を記入します。※西暦で記入の事!

 

2.転送開始希望日・・・届を提出してすぐには登録されません。

3~7営業日かかるそうなので1週間は余裕を持って提出しましょうね!

間に合わない場合は、前の住所に届くか住所不明で送り主の所に戻ります。

 

3.旧住所・・・・・・以前の住所です。

 

4.転居者指名・・・・旧住所から移動する人の氏名を書きます。

 

5.上記の転居者以外で引き続き旧住所にお住いになる方の有無・人数

6.新住所・・・・新居の住所です。

 

7.電話番号・・・携帯電話でもOK。

 

8.転居届の提出者の氏名・・・届を書いた人の氏名を記入します。ハンコも押してください。

 

9.転居者との続柄・・・上記の届を提出した人と転居する人の続柄をチェックします。

 

 

 

 

転送届を提出するとず~~っと転送してくれるわけではありません

転送期間は1年間です。

 

 

早めに銀行やクレジット会社

いろいろと登録してある機関の住所変更を済ませましょう。

 

知人や親戚などにも連絡はしておきましょうね。

 

 

この転居届は1年間の転送期間ですが

まだしばらくは転送したい

という場合は再度提出知れば

 

また郵便物を転送してくれます。

スポンサードリンク

転居届は即日転送してくれるの?いつまでに提出すればよい?

転居届の記入項目に

転送開始希望日というものがあります。

 

提出してすぐに新住所への転送が登録されませんので

3~5営業日は余裕を持って提出しておきたいです。

 

もし、引越し前日とか

引越し終了してから気がついた!!

 

という場合もありますよね。

そういう時は

旧住所の管轄の大きな郵便局へ直接行って

 

窓口で旧住所への郵便物の配達を止めてもらうように

依頼しましょう。

そしてその時に転居届を一緒に出せば

 

旧住所に郵便物が届いたままにならずに

登録が完了した時点で転送されてくるはずです。

 

 

転居届はインターネットで受付できるの?

転送届は郵便局に置いてあり

ハガキの状態なので

 

郵便局に行ったついでに

もらっておいてハガキに記入し

投函すればOKなのですが

 

郵便局に用事が無いとか

行く時間がない人だっています。

 

安心してください^^

インターネットでもちゃんと

受付できますよ!

 

パソコンやスマホからでも申し込むことができます。

 

パソコンで申し込む時でも携帯のメールアドレスが必要になります

 

パソコンで転居届を申し込む時はこちらから

スマホで転居届を申し込む時はこちらから

 

 

これだったら忙しくても転居届の申し込みができますね

 

まとめ

いがいと忘れがちな転居届ですが

引っ越してそういえば郵便物が届かない・・と思ったら

 

思い出してくださいね^^

ここまで読んで下さいましてありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント