引越しの手続き転出届と転入届の出し方について!必要なものや注意したいことについて

スポンサードリンク

引越しとなると色々な手続きがあるのですがまずは、役所に提出しなければいけないものについてです。

 

転出届

引越しをする当日じゃなくても事前に提出することは出来ますが、転出届を出してから転入届を提出する期限は14日以内と決まっています。

自分で都合のつく余裕を持った日程で提出しましょう。

ちなみに役所に置いてある記入用紙には『転出届』ではなく『住民異動届』と記してあります。

黒の太線枠内を記入していきましょう。

書類を書くテーブルとかに書き方の見本があると思うのでそれを見ながら記入していきます。

 

 

①届け出日・・・提出する日です。実際の移動する日は別欄に記入します。

②異動日・・・実際に転出する日また予定の日を記入します。

③これからの住所・・・引越し先の住所を記入します。

④今までの住所・・・・引っ越す前の住所を記入します。

⑤本籍・・・自分の本籍を記入する。筆頭者というのは戸籍の一番最初に書かれている人の事です。

⑥異動者氏名・・・異動する人の氏名・生年月日・世帯主との続柄を記入します。

 

 

書類を提出する時に、身分を証明するものが必要です。

・運転免許証
・パスポート
・保険証
・個人番号カード
などなど、を持参してください。

それと、書類を提出する人が代理人の場合はハンコと異動者が署名捺印した委任状が必要です。

スポンサードリンク

提出すると、転出証明書というものが発行されるので引越し先で転入届を出す際に必要になりますので大切に保管しておいてください。

 

 

転入届

引越しの当日じゃなくても大丈夫ですが、転出してから14日以内に提出してください。

 

転入の時も同じく『住民異動届』に記入します。

提出する時に必要なもの

・転出証明書
・身分証明書(運転免許証など)
・代理人による提出の時は異動者が署名捺印した委任状とハンコ

 

 

・マイナンバー

こちらは、転入先で提出すれば住所変更をしてくれます。
実際に番号が変わるわけではありません。

 

 

・国民健康保険

国民健康保険に加入の方役所での手続きをします。
会社勤めの方は会社に住所が変わったことを連絡すれば会社が手続きをします。

 

 

 

市役所じゃなくても、最寄りの出張所でも住民移動届の手続きは可能です。

窓口が開いているのが平日の昼間となるとなかなか手続きに行けないかもしれませんが今は月に何回か日曜日にやっていたり、時間外に開いている曜日があったりしますのでホームページで調べてみましょう。

 

また、転出・転入の住民異動届が郵送で提出も可能です。

役所のホームページからフォーマットをダウンロードして必要書類が書かれていたらその書類のコピーをして郵送しましょう。

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

コメント