バックステージ【睡眠改善!いびきにおすすめ寝具・yokone3・エアウィーヴ】

枕 Back Stage
スポンサードリンク

2020年8月9日放送のBACKSTAGEで睡眠改善について紹介されました!

睡眠アドバイザー 小林麻利子さんが教えてくれました

ご本人の睡眠やダイエットにも成功した経験を元に

これまで2000人以上の睡眠の悩みを解消してきました

睡眠改善

いびきの改善方法

いびきが続くと熟睡できないため体の疲れがとれず
日中の生活にも悪影響が出ます

 

 

いびきをかく原因の一つとしては

気道が確保できていないことが考えられます

 

気道が狭くなるとのどの粘膜が震えて出るのがいびきです

枕が高いと気道が圧迫されていびきが出やすくなります

 

 

もう一つ気になるのは寝る姿勢です

仰向けに寝ている時にいびきが出ることが多いんです

 

仰向けに寝ると舌が落ちて気道が狭くなり

横向きで寝ると舌が落ちず、気道が確保されます

できる限り、横向き寝をしっかりキープできるような枕を選びたいです

 

 

横向き寝の枕を選ぶ時のポイント

・枕の真ん中が沈んでいて首元がしっかり支えられる形のもの
※真ん中がへこんでいるとアゴが下がるので横向きで寝やすくなります

 

 

 

横向き寝がしやすいようにマットレスも選びたいです

 

おしりや腰の部分が沈み込んでしまうと腰や肩が痛いなんていうことが起きるんです

体圧分散マットレスはベット全体に体の重みから来る圧力を分散します

そうすることで体への負担が軽減されます

しかし、マットレスそのものを交換するのは大変なので

マットレスの上に敷くタイプのもので

エアウィーヴS-LINE

今あるマットレスの上に敷くだけで耐圧分散効果が得られます

 

 

抱き枕を使って横向き寝をキープ

抱き枕が無い場合は、布団を丸めて抱える感じでもOKです^^

スポンサードリンク

寝つきの悪さ改善

・入浴は寝る1時間ほど前に済ませる

 

・入浴後はテレビやスマホを見ない

 

・光の調節をする

眠るのに適した照明とは
外の暗さに合わせると睡眠ホルモンもたくさん出ます

室内の家電からは意外とライトが明るくて睡眠をジャマしています

 

 

・寝る前はアロマや癒しの音楽でリラックスする

 

・寝る前は体を伸ばしてストレッチする

 

 

まとめ

睡眠の質を上げると、日中の自分のパフォーマンスも上がり
毎日が楽しくなりますよね

けっこう簡単なことでぐっすり眠れて日中も快適に過ごせるなら
チャレンジしてみる価値あります^^
 

スポンサードリンク

コメント