がっちりマンデー【CMで見る謎の会社!ゼスプリ・サイボウズ・サマリーを紹介】

がっちりマンデー!!
スポンサードリンク

2020年9月13日放送のがっちりマンデーでCMで見る謎の会社について紹介されました!

CMで見る謎の会社

ゼスプリ

ゼスプリというのはニュージーランドを本拠地としている会社で
ニュージーランドで生産したキウイフルーツを輸出・販売しています

なんと、キウイを売るためだけに作られたニュージーランドの会社なのです

ニュージーランドのキウイ農家から仕入れたキウイを
世界50カ国以上に輸出販売をしています

なかでもトップクラスの売り上げを誇るのが
日本なのです

日本で売られているキウイはほぼゼスプリのキウイ

しかもCM効果もあり、去年の2.5倍売れています

安西社長によると
辛いことを無理にしなくて

キウイを食べれば健康になれるよ^^

という思いが込められているのだそうです。

しかし、このCMにはゼスプリのキウイ戦略があちこちに隠されています

戦略その1
【キウイは輸出専用】

キウイのキャラクターのお腹に貼ってあるあのシール
ニュージーランドから輸出しているキウイに貼っているものなのですが

ゼスプリのキウイは海外でだけしか販売しないので
ニュージーランドにはゼスプリノキウイは販売していません

品質の良いキウイを農家から買取り
あのシールをつけて輸出していて

ゼスプリのキウイは高品質というイメージがつくようにした戦略
その戦略がばっちりはまったのが日本

【戦略その2】

キウイのキャラクター、口の色が黄色い子がいますよね

黄色いキウイは『サンゴールド』という新品種

ゼスプリはキウイオンリーの企業菜だけあって
新品種の開発にはたくさんのお金(年間20億円)をかけます

こうしてできたサンゴールドは

ギリーンキウイよりも甘くて収穫量も30%アップ

そんなゼスプリも悩みのタネなのが

キウイはオールシーズン販売ができないというところ

ニュージーランド産が4月~12月までという限られた期間なので

1~3月は販売が出来ないのです

そこで考えたのが季節が真逆の

日本の農家でゼスプリのキウイを作ってもらう作戦

2000年ごろから日本の農家と契約
現在、西日本を中心に300ほどの農家と契約を結んでいます

来年、キウイブラザーズに妹が誕生!
ゼスプリレッドというベリー風味の新商品が発売されるそうです^^

サイボウズ

出勤を頑張るのではなく
テレワークをがんばりましょうというCM

サイボウズが販売しているのは

サイボウズOffice

社内メール・掲示板・電話帳などが
一緒になった情報共有ソフト

例えば承認が必要な書類もハンコなしで決裁が出来ます

気になるお値段はというと
1ユーザー月500円から使えます

安いですね・・もっと高いのかと思いました

全国で68000社の企業が利用しているこのソフト

サイボウズで一番売れているソフトが

『キントーン』

孫悟空が乗っている
黄色い雲からとった名前で

1ユーザー月1500円~の利用できるサービス

サイボウズOfficeよりも複雑なアプリケーションを
簡単に作成することが出来ます

会社のコンピューターで行なうことは
どの会社でも行なうものとして

ワープロでの書類作りやメールでの連絡など
オフィスソフトでできるものと
在庫管理などその会社だけの独自の仕事をする
業務アプリケーションがあり

こちらはイチから作らないといけないのが従来でした

専門業者に依頼、見積りをとって
打ち合わせを重ねながら半年ほどかけて
作っていくものでかなりの時間とコストがかかっていましたが

この『キントーン』は

いろんな業務アプリが最初から入っていて
細かい部分は自分でアレンジが出来るのです

本当に幅広い業種に対応しています

スポンサードリンク

サマリー

サマリーポケット

なんと月々250円から利用できる

今すぐ使わないものを預かってくれるサービス

ダンボールに入れて送るだけで

必要なものはすぐに取り寄せられる
今まで荷物を預けるサービスというと
トランクルームとかありますが

それらと違うのは

ダンボールで預けるというところに特化しています

全6種類から選べるコース

預ける場所を箱に特化した理由とは

預けたいものというのが

季節外の服や本、CDなど

箱に入るサイズのものが多く
だったら箱にしたほうがいいじゃん!

ということだそうです

トランクルームほどじゃなくても
ちょっとこの毛布をどこかに置いておけたら・・
スキーウェアとか絶対にまた使うけど場所とるよな・・ってよく思いますね。

実際に賃貸などで収納スペースが
少なくて困ることって多いんです

サマリーポケットだと
宅配業者さんが取りに来てくれるので
トランクルームのように自分で持っていく手間が省けます

しかもトランクルームは空間をくまなく使うことが
できないので結局たくさん入れられないですが

箱に詰めて預ければ倉庫でスペースを無駄なく使えるので
結果、お客さんにもお値打ちな価格で提供できて
お互いうれしい^^

オプションで中身を撮影するプランがあって
手元で何を預けたのか確認できます

中身を一つずつ倉庫スタッフの方が撮影してくれて
データで送ってくれます

これは便利ですね!

よく荷物の整理していて何をどこに入れたのか
分からなくなってしまう経験がありますが

撮影してあればすぐに発見できます^^

しかもプラス50円とかなので安い

まとめ

CMでよく見るけど謎の会社についてまとめました!

スポンサードリンク

コメント