ゲンキの時間【マスクによる汗あれの対策方法!を吉木伸子先生が伝授】

お肌の調子 ゲンキの時間
スポンサードリンク

2020年9月27日放送のゲンキの時間でマスクによる汗あれの対策について紹介されました!

夏のダメージを受けた肌のお手入れ!
正しいお手入れでキレイな肌を手に入れましょう

よしき皮膚科クリニックの吉木伸子先生が教えてくれました

マスクによる汗あれ対策

マスクによるトラブルとは

マスクを一日中つけていることにより肌のトラブルを感じている人が増えています
例えば、

・ワイヤーが鼻にあたりかゆくなる
・耳の後ろがかゆくなる
・頬が赤くなりかゆくなる
・シミ
・ニキビ

マスクトラブルの原因とは

マスクトラブルの原因となるのが『摩擦』です。

マスクをしてしゃべることでマスクが動き肌が擦れたり
マスクを頻繁に手で動かすことによって摩擦がおきます

そうすると、肌には目に見えない程度の傷がつきその部分に細菌がついて増殖し炎症を起こします

それによってニキビが出来ます

それと肌の摩擦によってシミが悪化したり、汗をかいたときに赤みやかゆみの原因にもなります。

汗あれとは

汗をかいてかゆくなると『あせも』と思いがちですが
じつは『汗あれ』という症状も考えられます

汗あれとは、摩擦などで肌が傷ついた場所に汗をかき自分の汗が刺激となってかゆみを生じた状態です。

汗あれ対策について

1.汗が出たら、こまめに優しく拭き取ります

市販の汗拭きシートを使ってもいいですし、肌が弱い人はコットン素材のハンカチ軽く押さえるのもおすすめです

擦らないでくださいね^^

2.肌の保湿をしておくことで、摩擦が軽減されます

スポンサードリンク

まとめ

マスクによる肌トラブル対策についてまとめました

普段から意識することで結果も違ってきますよ^^

スポンサードリンク

コメント