メレンゲの気持ち【昭和レトロな喫茶店めぐりの極意!ロバート秋山が伝授】

説明 メレンゲの気持ち
スポンサードリンク

2020年9月26日放送のメレンゲの気持ちで昭和レトロな喫茶店めぐりの極意について紹介されました!

昭和レトロな喫茶店めぐりの極意

入ったら楽しむべきポイントがたくさん

ドアを開くとカロンカロン鳴るベル

お客さんが入ってきた時に分かるように
ドアにカロンカロン鳴るベルがついてます

その音が昭和感があります

ピンク電話

10円を入れて通話する公衆電話
ビーっとなったらもう一枚入れてください

ちゃんと通話できます

公衆電話自体もう見ませんけど見つけたら
インスタ映えしますね

全面じゅうたん

毛足がフサフサで土足でいいんですか??

というようなじゅうたん!
デザインもペイズリーみたいな不思議な柄物

ちょっとセレブな気分

イスが直角

腰、どうしてくれるんだというくらいの直角のイス

何もしない時間を楽しむ

ぼーーーーっとするのも最高の贅沢

クリームソーダを頼む

バニラが浮かんだグリーンのソーダ
体に悪そうな色してるのにやたらうまい

ナポリタンを頼む

喫茶店でしか食べられない感じのナポリタン
ノーデンテ。くったり感

粉チーズをかけたら上空が帯広

(詳細の名前)3

デンキヤホール

ロバート秋山さんが10年間通い続けている浅草にある喫茶店
ママさんが90代ですがキレイです

お気に入りキンキンに冷えているアイスコーヒー

トイレのタンクの上に咲く専門の花

ロバート秋山さんが作詞作曲までしました

トイレを流すたびにビヤーーー!!っと水がかかってる
強靭な花のオブジェ

タマゴサンド

出汁いり卵をフワフワに焼いて
キュウリを刻んで食パンに挟んだ優しい味のタマゴサンド

スポンサードリンク

まとめ

昭和レトロな喫茶店の楽しみ方の極意をまとめました

スポンサードリンク

コメント