世界一受けたい授業【夏の睡眠の質を上げる方法!筋弛緩ストレッチ】

睡眠 世界一受けたい授業
スポンサードリンク

2020年7月25日放送の世界一受けたい授業で睡眠の質を上げる方法について紹介されました!
美少年モデルのゆうたろうくんが実践しました

睡眠の質を上げる方法

最初のノンレム睡眠をいかに深くするかが質の良い睡眠のカギ
最初の90分の眠りが深いと体調も目覚めも良くなります

就寝90分前の入浴

就寝する90分ほど前に
40℃の湯船に10分ほどつかると効果的です

質の良い睡眠をとるためには体温を下げることが大切

 

入浴することで体はいったん温まりますが
入浴してから90分経つと体温が下がりやすくなるので
このタイミングで眠るのがベストなのです

室温を下げておく

エアコンの風が直接体にあたらないようにし
タイマーで1~2時間後に切れるようにします

 

大きなポイントは寝る30分前から
室温を下げておくことです

 

寝る直前にエアコンをつけると
室温が下がるまでの間に汗をかいてしまいます

 

その汗が蒸発しないと体温が下がらないので
寝つきが悪くなってしまいます

 

温度の目安は24~28℃
少し涼しいと感じる程度が良いでしょう

枕を冷やす

頭も体の中心部と同じように温度が下がります
それなので下がるのをサポートすることが大事

 

寝る30分ほど前に、冷却まくらや保冷材などを薄手のタオルなどで巻いて
枕の上においておくだけです

30分ほどしたら枕から外せば
ひんやり枕のできあがりです

冷やすポイントは枕の上半分に寄せて冷やすことです
耳から下の部分を冷やすとかえって目が冴えてしまうことになるので
耳から上の部分だけを冷やします

スポンサードリンク

 

筋弛緩ストレッチ

おもいっきり力を入れてた後
一気に力を抜くという動きを繰り返すことで

体の緊張をほぐしてリラックスさせるストレッチです

 

①イスに座ったまま両肩を上にグッと上げます

②耳まで近づけて10秒キープします

③その後一気に力を抜きます

④15秒休みます

①~④を3回繰り返します

※肩の緊張をほぐすことで上半身の血流も良くなり良い睡眠につながります

 

 

 

①イスに座って前に脚を伸ばします

②つま先を上にむけ、脚の上側の筋肉に力を入れます

③10秒キープします

④一気に力を抜きます

⑤①~④を3回繰り返します

 

 

①顔を中心に集めるように奥歯をかみ締めながら顔に力を入れます

②10秒キープします

③一気に力を抜きます

④15秒休みます

①~④を3回繰り返します

 

まとめ

夏は暑くて寝苦しい日が続きますが
このスタンフォード式睡眠方法で
翌朝スッキリ目覚めたらステキです

 

どれも簡単に実践できそうなので
さっそくチャレンジしてみましょう^^

スポンサードリンク

コメント